FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魅惑の自然農

ブログ更新が月いちになる農繁期に入ってきました。。
毎年恒例ですね。そして、雨の日の更新も恒例ですね。。。


有機農家としてネットワークが広がってくると、農業をしたい、という若者がひょっこり訪ねてくることが増えてきます。

多くの若者にその道を歩いてもらいたい僕としては大歓迎なのですが、
どう答えを出していいかいまだに悩んでいるのが、
「自然農で生きていきたい」「お金も車もいらない」
といって訪ねてきてくれる人たち。


僕も、自然農がやりたいです。

僕を最初にこの道に導いてくれたのは、このブログの最初の頃に書きましたが、日本の自然農の始祖とされる福岡正信翁の「わら一本の革命」だったのですから。
肥料なども入れず、できるだけ手を加えず、自然のままに、循環に身をゆだね、そうして生きていけるのが、自然農。お隣赤目の川口さんや、りんごの木村さんも歩んだ道です。
放任とは異なる、知恵に裏打ちされた技術の数々。

そんなふうに生きてみたいと思います。
すくなくとも、そんなふうに生きていけるチカラを身につけたいと思います。

だから、軽々とその道に進んでいく若者を見ると、まぶしく思える。
(時にはつい、毒づいてみたくなったりもします。。。)


ではなぜ自分はここにたたずんでいるのか?
それはひとえに、社会とつながっていたいから。

自然農をなりわいとして生きていってるひとは、僕の知る限りとても少ないと思います。
取り組んでいるひとはみな、別に収入源を持っている。まったく別の仕事だったり、養鶏や民宿だったり、年金だったり、講演料だったり。。。パートナーが稼いでいるケースもあります。
自然農は、とっても効率が悪いのです。土地や労働あたりの収穫高が、とても小さい。肥料を加えた野菜とは、姿や味も異なってきます。それに理解ある人たちに高級品として販売しない限り、商売として成り立たせるのは難しい。

ホンキの仙人暮らしは、それなりに人を引き付けます。
でもやっぱり仙人暮らしができるひとは限られる。
訪ねてくるひとにつかの間の休息は与えられても、暮らしを変えるような動きにはなれそうもない。
多くの農業に興味を持つひとに、この世界に飛び込んでもらうには、「それなりに」生きていけることが必要だと思うようになりました。
お金を否定することは、情報も移動も制限されることであり、これまでの人間関係がほとんど断たれることを意味する。そこまでの覚悟があるひとがどれだけいるか。また、そんな覚悟を持つひとが、どれだけ他者を動かせるか。その生活が孫子の代まで続くのか。自分がこれまで与えられてきた知識や経験は、社会のおかげではないのか。。。お金を否定しながらネットで情報を得、車を否定しながら海外を飛び回るのは、どうも居心地がよくないのです。

社会とつながり続け、社会の中で生きながら次の未来は「こっち」だと気付いたひと達が動き出すきっかけになりたい。そう願うとき僕は、「それなりの」収入を得ながら、少しでも自然に負荷をかけない、循環的な方法でやっていける有機農業、というスタイルを選択しました。
農業をなりわいとしていく選択をするなら、今の僕の結論は、この方法です。

理想で言えば、誰もが自分の命の繋がりを自覚するために、自然農的自給自足家庭菜園をもって、半農半Xの生活を営めるような世界であればいいと思うのですが。。


魅惑の自然農。
手が届きそうで届かない存在なのです。

・・・。
それでもやっぱり、そんな僕のモヤモヤを軽々と飛び越えて、自然農の世界に入ってくる者はいます。
とくに若い女性に多い。
彼女らは、もっとシンプルに、自分のライフスタイルを求めてきます。

僕は福岡翁がまだ健在のころ、愛媛のお宅を訪ねたことがあります。
大きなお屋敷に、びっくりしました。
ご家族もありました。
どんなボロ屋に住んでいるのかと思っていたのですが、実家は集落の庄屋のようで、彼は自然農をはじめるのに土地も家も資金も心配なかった。
ああ、新規就農者が飛びこめる世界ではないのだな、と思いました。

彼女らはそんな僕の心配をよそに、この世界に飛び込み、人づてに家を見つけ、畑を見つけ、いつの間にか生きている。

う~ん。
これはこれで凄い。
この生き方を、そのエネルギーを、彼女たちの中で完結させるのではなく、もっと大きく広げていきたい。
と、思うのですが、そんな思いで訪ねてきてくれるものたちに、僕はどういう言葉をかけてよいのか、いまだに分からず、悩んでいます…。

ぐぅぐぅ


スポンサーサイト
プロフィール

ぐぅ&トミー

Author:ぐぅ&トミー
38歳♂・31歳♀・7歳犬。
有機農家になりたくて、伊賀に流れ着きました。
生かされている生活から、活きる暮らしを目指して。
多くの人を巻き込みながら。地道に。夢は大きく。
日々の作業や、想いをつづります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。