FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最底辺の10億人

僕がこの世界に飛び込もうと思ったそもそものきっかけは、幼少期を国外で過ごした経験から、高校生までの間に培われた「先進国に生きることのぬぐい難い後ろめたさ」でした。
90年代に差し掛かっていた当時、日本はまだ高度経済成長の名残の中にあり、先進国と途上国の格差による南北問題、そして全世界的な環境問題が、「この社会にただ生きているだけで、汚れを生み出し続けている」という罪の意識を植えつけていました。

大学生のころ、途上国支援を漠然と志していた僕は、タイからインドにかけて、また南米や、当時共産主義が崩壊したばかりの東ヨーロッパを歩いてみることにしました。そこで身に沁みたのは、「通貨」の価値。当時、タイなら一泊三食1,000円、インドなら100円で旅ができました。東ヨーロッパ(インフレで貨幣価値が混乱していた)では、1,000円が分厚い札束に変わった。インドの片田舎の食堂で働く少年が1年かけて手に入れるだろう金を、僕らは日本で数時間バイトすれば稼げた。

それから僕は、世界に近づくことをやめ、地に足をつけて生きる道を模索するようになりました。

Orick07.jpg



最近、「最底辺の10億人」という本を読みました。(http://ec.nikkeibp.co.jp/item/books/P46740.html
10億もの人々が、グローバル経済の岸辺で、後にも前にもいけない状況に取り残されている。
知ってはいるはずなのにピンとこない現実を、久々にリアルに見せつけられました。
遠く離れた僕らが、気分だけで罪の意識や憐れみにとらわれても、何も変わらない。
それでも現実にその場で日々生きてる人がいて、そこから一歩先に進もうとしている。
そのことを久々に思い出しました。

理想郷などない。
だって、「ここは理想的な社会だよ」と与えられる世界なんて、窮屈でしょう?
生き物は変わり続け、社会も動き続ける。
ならば、いまよりもちょっとマシなものへ。
そう念じ続け、大勢のひとがホントに願ったあるタイミングで、コロっと物事は動くんじゃないか。
原発も、TPPで潰れると大合唱されている日本農業も、きっとそう。

そう信じ、いまはここでの農業の世界をより豊かなものにしていきたい。
そしたらまた、次の一歩に進める気がします。
自分のやってる農業や暮らしは、自然でもないし、循環もできてないけど。
それを実現するには、ちょっとずつでなく、大きな一歩を思い切って踏み出す必要があるのは分かっているけど。
ひとり突っ走っても仕方ないから、たくさんの人と共鳴しながら、というのが今やりたいことです。

日常を送りながら、いつでも必要なときに一歩を踏み出す準備を怠らないこと。
いまの自分は、そんな段階です。

Redwood07.jpg


ぐぅ
スポンサーサイト

ある散歩

こんな日もあります。

さんぽ3

さんぽ4

さんぽ1

さんぽ2

ぐぅ

下書き

ときどき書くたびに、ブログ更新の難しさを語ってもしかたありませんが。。
ありがたくも覗いてくれている方のためにも、発信していかなきゃですね。
そもそもこの記録は、タイトルにもある通り「有機農家を目指す方の、ちょっとした道しるべ」のつもりで始めました。
日々の日記ではないので、ブログという形式が実は間違っているのかも知れませんね。

そんな風に大きく構えて始めたので、あまり軽々しく書くものなあ、と下書きで書きためてしまっている記事が、実は結構あります。ひどいのは、一年前に下書きしたものも。

一年前の今日、下書きした記事のタイトルが、「霜が降って大わらわ」でした。
「朝日が昇る頃に起きだすと、一面真っ白。いよいよ収穫時間が早朝→当日出荷から、夕採り→翌朝出荷に変わります。」という内容で、その後が続かずお蔵入りしていました。
そうか、去年の今頃はもう霜が降っていたのですね。
今年はなんとあったかいことか。
まだ、朝野菜を触る手がかじかむこともほとんどありません。
今日も暖かな雨ですね。
犬は、散歩に行くことを観念して、ぐったり。。。


PB110372.jpg

適度な雨と、暖かな気候で、野菜はぐんぐん大きくなっています。
今週は、2週間分のつもりで作付けた大阪シロナやチンゲン菜が同時に仕上がり、出荷量が倍増して、それこそ「大わらわ」でした。
冬の出荷用にと作付けた野菜も、あっという間に大きくなり、秋のうちに出荷となってしまいそうです。

このままでは冬の野菜がなくなってしまうかも!!

でもこの時期、雨が降るとなかなか畑が乾かず、新たな作付けは難しい。。。
悩ましいところです。

ぐぅ


プロフィール

ぐぅ&トミー

Author:ぐぅ&トミー
38歳♂・31歳♀・7歳犬。
有機農家になりたくて、伊賀に流れ着きました。
生かされている生活から、活きる暮らしを目指して。
多くの人を巻き込みながら。地道に。夢は大きく。
日々の作業や、想いをつづります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。