FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いよいよ早起きの季節です。

朝、霜が降りる日も少なくなり、早朝からの収穫ができる季節となりました。
いよいよ今年も始まった、という気がします。
これからは日の出とともに起きだし、より新鮮な野菜を収穫してみなさんにお届けすることができます。
(冬の間は朝から収穫できないため、前日の夕採りになっています。)

同時に、時間との闘いが。。。
日に日に大きく、あるいはトウ立ちする野菜を横目に、出荷時刻を気にしながら、せっせと収穫する毎日が始まります。(収穫物がちゃんとできれば、の話ですが。)
ゆっくり本を読めるようになるのは、半年後でしょうか!?

と、おもった矢先、また霜が降りましたね。
朝日を浴びる野菜たち、すっかり凍っていました。
収穫できず、太陽が溶かしてくれるのをボンヤリと眺めていました。

しも2

しも

あさひ

こんな一呼吸も、やはり必要ですね。
このあとは、休む間もない忙しさでしたが。。。

ぐぅ
スポンサーサイト

テルさん

ホウレン草は順調に、いや予想以上の速度で大きくなり、収穫が追いつかなくなってきました。
もちろんここら辺のコントロールも百姓の腕なのですが、僕ら素人は体力勝負で、必死に喰らいつくだけです!
昨春は全然できなかったホウレン草、ダメ元で冬の間にたくさん蒔いたら、一気に全部仕上がってしまいました。
春蒔きのホウレン草もスルスルと伸びています。
頑張って採りきらないと。。。

一方、いまはまだ小さい大阪シロナやチンゲン菜といったアブラナ科の葉物たち。
油断してると一気に伸び、トウ立ちしてしまいます。
こちらは昨春の失敗を糧に、適期出荷をと観察の毎日です。


というわけで、忙しい春を迎え、我がフウノキ農場にお手伝いしてくれる仲間ができました。

テルさんです。

ご近所の篤農家さんのところで約1年研修後、独立するにはまだちと自信が…、というお話でしたので、素人農家が生活していく勘所を見てもらうために、半年ほど自分の畑の準備をしながらこちらのお手伝いに来てもらうことにしました。

篤農家さんのところにはなかった猛烈な草。
そろわぬ備品。
歩留まりの悪い畑。
アップダウンの波の激しい出荷。
そして最後は効率でなく体力勝負!

いちばん転びやすい就農したての時期を乗り切るためには、熟練の腕に頼らずに経営していくそれなりのノウハウがあるように思います。
僕らのやっていることはホンの一例ですが、お役に立てればと。。。

また百姓仲間が一人増えることを祈って。

テルさん


ぐぅ

おなじ春はこない

昨年の春は、暖かく雨の多い3月と、寒い寒い4月を経て、4月最終週から葉物野菜(ホウレン草・チンゲン菜・大阪シロナ)の収穫が始まりました。
それまでの半年、ほとんど収穫物もなく貯金は減る一方、この先どうなることかと思っていた後の収穫だっただけに、その喜びはひとしおでした。
早朝からの忙しさも、喜びで紛れるほど。
東京からはGWを利用して友人・西っちょが応援に駆けつけてくれ、雨の朝も合羽を着せられこき使われながら、せっせと収穫に励んでもらったのが、もう一年前です。

P5301120.jpg
(デッカクなりすぎホウレン草)


今年の春は、昨年とは気候が全然違います。

まず3月が、寒くてカラカラ。
粘土質の伊賀では、雨が続くと作付けが難しく、昨年は苦労しましたが、今年はいつでも好きな時に種を蒔ける状態で、作業はとても順調に進みました。
しかし、干ばつに霜があたるというのは、野菜にとってはとてもキツイ環境。
まず、冬超えに挑戦したレタスは、結球した頭が霜にやられ、次々と腐っていきました。
それから、ニンジン。
さっさと種まきできたのは良かったものの、その後の雨の少なさにほとんど芽が出ず。毎回作るのが苦手なニンジン、今回も白旗です。
もちろんここら辺は腕の見せ所で、上手に作っている人はちゃんとモノになっています。
去年と今年、全然ちがう環境に簡単に負けてしまいましたが、来年こそは必ずリベンジ!と胸に誓うのでした。

さらに4月を迎えると、こんどは暖かさが続き、晩秋に蒔いた葉物たちが一気に大きくなってきました。
去年より3週間ほど早いですが、大収穫の季節到来です!
じっと寒さに耐えた野菜も、春一番に凍える寒さの中で芽を出した野菜も、次々と育ってきています。
気候はちがっても、昨年とおなじ豊作の春となりますように…!

春の大爆発は、目前です。

ぐぅ

季節はめぐる

雪の1月、暖かい2月、そして三寒四温というには寒すぎる3月を経て、今年も早くも4月にたどり着きました。

昨年まったくできなかったホウレン草が、今年は大きく育ちました!
湿気に弱いホウレン草にとって、雨が少なかったこの冬は、育ちやすかったのでしょう。。
最初の「四温」を迎えた3週間ほど前から一気に大きくなり始め、不作を予想して蒔きまくったホウレン草は、採りきれないほど生長しています。

しかし一転、1週間以上雨のない日が続いた途端、スーッと色が落ちてきました。
野菜は正直ですね。
肥料だなんだと騒ぐ前に、やっぱり水と空気と温度の影響が絶大です。

今年は飛躍の年に!といき込んでいますが、内心怖くもあります。
野原を畑にして一年、土づくりをしているつもりで、じつは虫や病気を住まわせてしまっていることもあるかもしれないから。。
まだまだ、自然の流れを楽しむ余裕がないみたいですね。

ぐぅ
プロフィール

ぐぅ&トミー

Author:ぐぅ&トミー
38歳♂・31歳♀・7歳犬。
有機農家になりたくて、伊賀に流れ着きました。
生かされている生活から、活きる暮らしを目指して。
多くの人を巻き込みながら。地道に。夢は大きく。
日々の作業や、想いをつづります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。