FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小休止

本日、今シーズン最後の作付が終了しましたー。
お疲れ様!パチパチパチ!

最後を飾ったのは、玉ネギ。

これで、年明け、ビニールハウスの中で春作の育苗が始まるまで、小休止です。

もちろん畑をグルっと見渡せば、やることは山積み。
やり残した草刈りとか、畑改良の堆肥撒きとか、いよいよ本格的に寒くなってきたので作物に不織布を被せたり。。

それでもまあ、思い切って休まないと、永遠に働かなきゃいけないので。
収穫と急ぎの仕事以外はこの際横に置いておいて、ゆったり過ごしたいと思います。

読みたい本も沢山あるし、ちょっとボーっとしたいし。
来年の作戦立てたり、資材の調達とか。
種も買わなきゃいけないし、今年の記録の整理も。。
あ、確定申告の準備とか、お世話になった方々への挨拶回りとか。。。


あれ?全然ゆっくりできん!?

PA230059a.jpg

ふぅ・・・。


ぐぅ
スポンサーサイト

ニンジンホッタ

ニンジンを掘りました。

ドキドキしながら葉っぱを引っ張ると、「ポンっ」という音とともに、オレンジ色のニンジンが。
これ、なかなか快感です。

かじりつくと、とっても甘い!(自画自賛?)

うれしい限りです。

PC010067a.jpg


はじめに伊賀にきて栽培計画を立てたとき、作物の種類はごく少ないものでした。
冬はホウレン草、春秋はレタス、夏はキュウリ。
いわゆる有機農業でよく見られる少量多品目でなく、一定の種類を根気よく作って、技術的にもプロになりたい、と思ったからでした。
しかし、現実には…。

前にここにも書いたように、いきなりホウレン草全滅を経験しました。
一ヶ所に大量に同一品目を作付けるのは、素人農家には非常に危険であることを実感しました。
借りたてホヤホヤの畑は、出来がどうなるか読めない。
柱となる作物の他に、手のかからない保険の作物を作っておいた方がよい、と判断しました。
そもそも計画したところで、キュウリだって作ったことないし。。。

一つの畑にいろんな作物を作付けることにして、この利点に気付きました。
1.ある作物が失敗しても、他があれば収入が途切れない。
2.病害虫が発生しても、大被害にならない。
3.一つの畑で同時期にいろんな品種を作付けられるから、意外と作業効率もいい。

ホント、大規模農業の常識からするとビックリですが、現実から逆算すると、これが一番良い方法だったのです。

気がつけば、20品目ぐらい作るハメに。。



それでも、結果が早く見える葉っぱモノ中心の作付けにしていました。
その中で、キラリと光るニンジン。

根モノは、北海道の玉ねぎ・ジャガイモから想像されるように、大圃場で大型機械で栽培する方法が有機の世界でも席巻していて、手仕事ではコストがかかり、なかなか思い切って取り組めません。
しかし、ニンジンがないのはさびしい!
肝いりで作ったニンジン。収穫は格別の喜びでした。
ま、面積はほんのちょっと、歩留まりもまだまだの出来ですが。。

来年は、大根も作りたい!

ぐぅ
プロフィール

ぐぅ&トミー

Author:ぐぅ&トミー
38歳♂・31歳♀・7歳犬。
有機農家になりたくて、伊賀に流れ着きました。
生かされている生活から、活きる暮らしを目指して。
多くの人を巻き込みながら。地道に。夢は大きく。
日々の作業や、想いをつづります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。