FC2ブログ

7月のおしごと

【7月】
長い冬を超え、大張りきりの5月6月を過ごし、もういいかな…、と弱音を吐きたくなるにも関わらず、手を抜けない7月。
1年で一番、奥さまの心が折れやすくなる7月。。。

①成り続ける実を、もぎまくる!

夏野菜まっさかり。
我が家はキュウリを主力にしていて、7月がピークになります。

このキュウリ。
諸説ありますが、語源は「黄色の瓜」で、熟すとバナナのように大きく黄色くなります。
私たちが日ごろ目にしているキュウリは未熟な青臭いものですが、それが現代では「食べごろ」とされているわけです。
で、未熟なキュウリは、もの凄いスピードで成長します。
30cmほどのあのサイズになるまで、着果からたった1日。
というわけで、出荷基準のサイズに収めるには、1日2回の収穫が欠かせません。
そう。
キュウリが成る間は、1日たりとも欠かさず、朝と夕2回の収穫が必要になります。
ちなみに我が家のキュウリは、ざっと400本植えてあり、多いときで朝1,000本、3時間は掛かります。
まるでその昔「テトリス」にハマっていた時のように、何を見ても、寝ても覚めてもキュウリに見えてきます。

約1ヶ月半のキュウリ収穫は、まるで修行のよう。
出来が悪くなってくると悲しい気持ちになるのが農家ですが、キュウリだけは、「早く終わらないかな…」と弱音が出てしまいます。あ、いやいや、愛情をかけて育てているはず!

そんなわけで、1年の中で一番記憶がないのが、この7月。
皆さん、キュウリ農家を目指すなら、それなりの覚悟がいりますよ!?

キュウリ1

②草を刈る!
汗を飛び散らせながら、土手草を刈る!
刈っても刈っても生えてくるけど、それをまた刈る!

刈るといっても鎌じゃないです。草刈り機。
かつて、伊賀有機の親玉・松井さんのいわん農場で研修の話を聞いたとき、「研修一年目は夏に草刈りばかりさせて、まずは体力をつけさせるんじゃ(ニヤリ)」というので、巨大な大鎌でも振り回すのかと想像して怯えていましたが、やっぱりいわん農場も草刈り機。
松井さんは、かの「草刈り十字軍」発足当初のメンバーだったそうなので、山の下草刈りと言えば鎌かしら、と思った次第。

とはいえ、機械でも大変な作業です。
ただひたすら、黙々と刈る。
刈ったあとには、綺麗な土手が現れてご満悦。
ときにはヘビをスパッと殺ってしまったりしますが。。
でも、3haもの畑、一巡して帰ってきたら、最初の畑は元通りなんですね。


③秋の準備がそろそろと始まります。
夏のピークと同時に、秋の準備が始まります。
うっかりしてはいられません。
多忙にかまけて、種を購入を忘れてはいけません!

出だしは、モロッコインゲン。
風の木農場では、キュウリの根元にそろっと種を蒔いていきます。
灼熱の日差しをキュウリが遮り、根元には湿気もある。
この時期は暑くて芽出しが難しいのですが、この方法を思いついてから、グッと状態がよくなりました。
ツルを這わせるネットもそのまま使えるし、一石二鳥です。

真夏に芽出しに失敗すると、今度はどんどん寒くなる季節。
作物の生育は鈍くなる一方なので、取り返しがつきません。
慎重に慎重に、種をまきます。

次いで、ニンジン(ちなみにウチは毎年発芽させるのが下手くそです。。)。
8月に入ると、ブロッコリーやキャベツなどの苗づくりが始まっていきます。


とはいえ、基本的には身も心もキュウリに支配される7月。
でも最近、ちょっと「旬を外す」ことを覚えました。
確かに7月にピークを持ってくると、一番作りやすいし、たくさんとれるようだけど。
ちょっと蒔く時期を変えても、ゆっくりですが、キュウリはできる。
7月以外にも、ちょっとずつですが、キュウリがあると嬉しいですよね。
就農当初の思い込みで、この時期に無我夢中で作っていましたが、すこし考え方を変えました。
気分もすこし楽になりましたよ。

P7280348.jpg

P7280350.jpg

P7280351.jpg

P7280353.jpg

夏野菜ごろごろです。

ぐぅ
スポンサーサイト



6月のおしごと

【6月】
梅雨の到来とともに、軟弱葉物たちは、細胞の要求する成長速度について行けずに傷みが増え、徐々に畑から退場していきます。
空いた畑の片付けと、夏野菜の準備の季節です。

①おもーい野菜の季節
夏野菜に切り替わる前に、頑丈な重量野菜たちが早く収穫してくれと待ち構えています。
玉ねぎ。ニンジン。そしてキャベツ。
もう腰が限界なので、ジャガイモは、できれば手を出したくありません(笑)。

赤玉ねぎゴロゴロ

②果菜の誘引
キュウリ、ナス、ピーマンといった果菜類は、ドンドン大きくなって実をつけます。
人間が作業しやすいように、それぞれの葉っぱに光が行き届き、肝心の実にたくさん栄養が送られるように、ネットや支柱に枝を「誘引」し、形を整えていきます。

いや、すでに品種改良が進みすぎて、彼らは原種の姿を忘れて「独り立ち」できなくなっていて、誘引してあげざるをえない、と言った方がいいかもしれません。
なので、ボクはあまり好きな作業ではないのですが、野菜を「作り込む」篤農家さんたちは、徹底しています。
彼らは誘引のみならず、肥料はもちろん水も光も自在にコントロールして、一級品の果実に仕上げてきます。すごい。でもボクはどうしてかあまりに管理の手を加えることが好きになれません。それって農家としてどうなんだろ、と思うのですが、土づくりをして、あとは野菜達のチカラにゆだねる考え方にどうしても惹かれてしまいます。
もしかしたら、最初に研修を受けたところが、畑一面に葉物野菜をドンドン植えつけていく「体育会」農業だったのが沁みついているだけかもしれませんが。最初に緻密な果菜屋さんに学んでいたら、また違った考えになっていたかもしれませんね。

P7130094.jpg
(一年目のキュウリ。誘引も何もなくニョキニョキと。。葉っぱがベロっと垂れ下がって、お恥ずかしい仕上がり。)

③緑肥を蒔く
この時期、春の仕事を終えた畑は、一部の果菜畑を残して、次々と空いていきます。
放っておくとあっという間に草だらけになる厄介者ですが、野菜がないということは、土づくりの大チャンス。
いろいろ試してみたいことはあるものの、作業に追われている時期なので、いまのウチはこれ。

緑肥作物のソルゴー蒔き。
これです。

まず、なぜ緑肥か。
緑肥というのは、出荷のためでなく、土づくりのために育てる作物のことです。
これを、春の収穫を終えた野菜をトラクターですき込む時に、同時に種を蒔いていく。
一気に大きくなるのですが、これで他の雑草を抑えられます。
なにより、「何か作ってる」ように見えると、草が生えていても放置されているようには見えず、周りのひとから文句を言われない。周囲との信頼はとっても大事ですからね。
ただ平らに耕耘しただけでは、また生えてくる草を繰り返し耕耘し続けなくてはならない。これって大変なんです。あんまり乾燥しているときに耕耘すると、埃ばかり巻き上がって土の微生物も死んでしまいますし。

それに、この仕事は種を撒き散らすだけの楽なもの。堆肥を撒いたり、土木作業したりという大変な土づくり作業は、基本的に冬の暇な時期にやります。

そして、なぜソルゴーか。
これはウチの土質を考えた上で選んでいます。
まずソルゴーが緑肥の中では一番、最終的な有機物量が多くなると言われています。
育ち切った8月にすき込むのですが、粉々になったソルゴーは、もみ殻のような役目を果たしてくれます。
そして、深く突き刺さる根っこ。
これが畑表面の作土の下にある「芯土」にヒビを入れ、徐々に砕いてくれると言われています。
水はけも良くなる。
最高!と言いたいところですが、あまりに出来の悪い畑だと、底の方で根っこが溜まり水に先にやられて腐っているような気もしますが。。。

P7280338.jpg

そんなわけで、夏の我が農場は、ほとんどがソルゴーに覆い尽くされています。
トウモロコシ農家か?と見まがうほどですが、いえいえ、あれはお金になりません!!

ぐぅ

5月のおしごと

5月。
風の木農場にとっては、一年で一番忙しく、一番のかきいれどきであり、一番ブログが滞る、5月。
早朝、日の出とともに収穫が始まり、昼も夜もすきあらば眠くなる、5月。

①収穫、収穫、また収穫

とにかく、次から次へと伸びてくる葉物野菜を切って切って切りまくります。

野菜は、取引先に計画した時期に計画した量を出荷するのが基本。
毎週順番に状態のいい野菜を出荷するためには、種蒔きする時期をこまめに分けます(←冬のお仕事)。

しかし、いざ春になると、ちょっとした気温や雨で葉物は伸びたり止まったり。
伸びすぎた野菜は畑に放置して、即、次の状態のいい畑に向かいます。
この判断が難しく、あんまり後ろ髪引かれていると、大きくて大味、傷みの入った野菜を出すはめになり、その次もまた次も、採り遅れになります。
ズバッとあきらめて次の畑に走るのが勘所。

特にレタスは、ちょうど収穫にいい時期というのは2~3日しかありません。
それより前では、玉が小さく身の詰まりが悪いし、それを過ぎると、大玉でガチガチ、中に傷みを巻き込むことも。。。
泣く泣く捨てる玉多数。

一日で最大8品目の出荷になることも。
レタス・大阪シロナ・チンゲン菜・ホウレン草・コカブ・スナップエンドウ・赤玉ねぎ、実エンドウ。
ふう。

特に、エンドウの収穫は、人海戦術です。
去年の11月に蒔いたスナップエンドウは、この時期一斉に花が咲き、2~3週間で一面に成った実をとりまくります。
僕ら夫婦だけでは、決して採りきれない。

スナップ


そこで、「のらすけさん※」手を借りて、収穫します。
のらすけさんのおかげで、収穫野菜の袋詰めや、ニンジンの草取りなど大助かりなのですが、楽するだけでは仕組みは回りませんので、その謝礼分を稼ぎ出すのが、エンドウです。
葉物野菜がサラリーなら、マメ類はボーナスのようなもの。
おかげさまで、今年も多くの手でマメを採ってもらいました。

※のらすけさん:地元で野菜を買ってくださっているママさん達を中心に、平日の午前中、子供たちを学校や保育園に送りだした時間帯に、それぞれが参加可能な日だけ手伝いに来て下さっている皆さん。現在登録25名、参加人数は0人の日もあれば、最大7人の日も。


②キュウリ・ナスの定植
こんなに忙しいのに、夏野菜の植え付け時期が重なります。
葉物は土づくりでほぼ勝負が決まりますが、果菜はその後の管理が大事。
レタス・キャベツの大規模農場で農業の基礎を学んだ僕としては、果菜は発想を転換して臨まねばならず、ちょっと苦手です。
苦手だなー、と思っている間に、作業が遅れてしまうのがいつものパターン。

でも今年は、苗づくりも、畝づくりも慎重に、ここまでたどり着きました。
5年目だし、手伝ってくれる人も増えたので、忙しい中でも時間が作れるようになりました。
雨を待って、いよいよ植え付けに取り掛かります。

ナス苗



③水やりの準備

湿りっぱなしの伊賀の畑が、数か月ぶりに乾いてくる5月。
ちょっと梅雨入りが遅れると、グチョグチョだった畑が今度はカチカチに。

乾燥が進むと、葉物はエグくなりやすく、また虫が釣られて寄ってきます。
昨今は干ばつが特にひどく、昨年はレタスがアブラムシまみれになりました。
畑一枚全滅か、と思いきや、みるみるうちに天敵のてんとう虫とアブの幼虫が大発生。
1週間もしたら、キレイに消えてしまいました。
まさに、自然の脅威。
慌てて農薬撒かなくても、自然のこんな風に移ろい行くのですね。

おっと、話がそれましたが、とにかく、この時期は伊賀では珍しく水不足になりかねません。

これからの夏に備えて、灌水設備の準備をはじめます。

ウチで使うのは、1.スプリンクラー、2.散水チューブ、3.普通のホース(シャワーヘッド付き)
それぞれ利点と欠点があり、使い分けます。

一番手っ取り早いのがスプリンクラーで、無精な風の木農場は、ついついこれに頼りがち。
今年はもうすでにレタスとスナップエンドウの畑で稼働しています!

膨らめ!レタス!スナップ!!

P7280358.jpg


農繁期のピーク、農業をはじめた当初は異様なハイテンションのなかで作業ができましたが、最近はついつい疲れ勝ち。
収穫をよろこぶ。やるべきことをコツコツやる。早寝早起き。
この辺がポイントでしょうかね!?

ぐぅ

10月のおしごと

【10月】

①暇さえあれば、種を蒔く

とにかく畑に種を落とします。

葉物野菜(大阪シロナ、ホウレン草、チンゲン菜、コカブ、日野菜…)の、
12月・1月・2月・3月収穫分の種蒔きが、この時期に集中します。
実に一年の1/3分。
まさにこの時のために、たくさん畑を借りていると言っていい。

9月の定植ラッシュに続き、秋冬作にとって致命的に重要な時期です。
この時期に如何に順序良くキレイに発芽させられるかで、春夏で蓄えた貯金を冬の間に減らさずに済むかどうかが決まるのです。

10月の初旬は、種蒔きが3日ずれれば、仕上がりが1週間ずれます。
畑が空いていて、乾いていれば、連日のように蒔いていきます。
中旬を過ぎれば、蒔く量が2倍に増え(これを2週間かけて収穫する計算で)、最後は、もう蒔けるだけ蒔いてしまいます。

PA131362.jpg

と、やることは単純ですが、これがうまくいくことは滅多にありません。

まず、虫。
10月頭はまだまだ虫も草も元気で、夏の間に草を潰してキレイに管理してあった畑でないと、虫食いだらけになります。

そのためには、十分な面積の畑を確保しておくことが必要ですが、畑が広ければ広いほど、夏の草管理が大変。
畑が足りなければ、秋一番に刈り取り終わったところを、すぐに起して種を蒔きますが、やはりそこには野菜の残骸が残っていたり、そこについた虫が生き残っていたりで、出来はよくありません。

そして、天気。
10月は季節の変わり目。そして台風。
きつい雨が一度降ると、夏のようには畑は乾いてくれません。
1週間に2度も雨が降って、10日も種を蒔けなければ、下手すると1ヶ月分の収穫が失われます。

このリスクに備えて、使いやすい(=乾きやすい)畑を後半まで残しておきます。
事前の計画で、畑のローテーションをきっちり組んでおくことが大切です。

台風の爪痕
台風の爪痕。土は流れ、マルチは吹き飛び、畑はグチャグチャ。


ところが今年は、就農以来最悪の10月でした。
10月初旬に、これまでの土づくりの成果があってか思いがけず豊作となり、
収穫に追われて種を蒔く時間が足りず。。
さらに、15日の台風24号以降、立て続けに降る雨のおかげで、約2週間まともに畑に入れず、
無理やり起して蒔いたところの出来も芳しくないのです。
冬に向けての野菜がほとんどない。。。
ハウスなどを使わない露地栽培の難しさを改めて実感しました。

反省はたくさんありますが、今年はもう前を向いて、冬の間は次に備えた土づくりに精を出すことにします。


②イベント

秋は、収穫の季節。
(といっても有機農業の世界では、虫の多い秋作は案外むずかしい…)

各地で、収穫を祝う祭りが開かれ、伊賀有機農産でも、サツマイモ掘りを皮切りに畑でのイベントが続き、加えて生協さん・地元の幼稚園などのなかまのイベントに露店を出しに行きます。
11月最終土曜の「収穫感謝祭」まで、切れ目なく週末が埋まっていきます。

kikyou.jpg


伊賀有機農産は、出荷団体ではありません。
社会運動をするためのグループです。
「運動」というと、他者にああせいこうせいと働きかけるような、ちょっと取っつきにくいイメージがあるかもしれませんが、まずは「自らが動く」ことをモットーに活動しています。
【美しい大地と空を子供たちに】つないでいける暮らしの実践。
そして、そのことを、野菜=食材を通じて、皆さんと共有していくこと。

だから、日々の「のらすけプロジェクト」や、毎週の野菜の宅配と並んで、各種イベントで受け手の皆さんとコミュニケーションをとることは、野菜を作ることと同じくらい大切な活動です。
なにより、たのしい。

先週は大阪まで行って、生協さんのお祭りで野菜を大盤振る舞いしてきました!
来週末は名張市役所前に出店致します!

senri hanbai


ホントは、各イベントのご報告をこのブログに載せるべきなんでしょうが。。
伊賀有機ブログでみなが交互に書いてくれていますので、そちらもご覧くださいね!!

ぐぅ

9月のおしごと

今年の9月は。

第一週:急な腰痛で整骨院に駆け込む。あとの作業はトミーと秋さんと紀ちゃん任せ。
第二週:とりあえずできる作業を…、堆肥をまく。
第三週:日曜に台風18号が直撃で、畑グズグズ。飛ばされた資材を片付ける。
第四週:9月末で畑の水道が止まるので…。せっせと種蒔き&定植&水撒き。

てな感じでした。

なにしろ、腰痛と台風に段取りをかき回されました。
下記は、理想的な9月の作業です。。。


【9月】

①苗を植えます。

秋冬作にとって、9月は致命的に重要です。
ほとんどの野菜が10月が終われば、生育がグッと遅くなります。
秋から冬にかけての野菜を作ろうと思ったら、9月10月に大きくすること必要があり、9月の内にどれだけ作付けられるかが勝負の分かれ目になります。

我が農場でいうと、レタス・キャベツ、そして今年から挑戦したブロッコリーを、9月中に植えきることが最優先作業になります。
これら”結球”野菜は、玉になってからの霜に弱い。霜が強くなる前に玉にして出荷してしまうか、玉になる手前で真冬を迎え、春先になってから玉を作らせて出荷するか、のどちからになるので、タイミングの見極めが重要です。

で、予定通り植えられるかどうかは、先月書いた暑い時期の苗作り(8月)と、台風などの雨をかわしながらのコンスタントな畑づくり(8~9月)にかかってきます。
そして、一瞬で植えきる定植技術。

特に今年は、苗の出来に苦労しましたが、例年以上にコオロギ被害が甚大でした。

コオロギ。

長野での研修時代は、害虫であることすら知らなかったコオロギ。
コイツ等は、特にキャベツやブロッコリーといった首長の苗をチョキチョキ切るのが大好き。

ちびきゃべつ

長野などの産地ではこーんなチビ苗お植えるのが基本ですが、これらはコオロギの大好物。
特に彼らは土の「物陰」に潜むので、我が家のようなゴリゴリの土の塊が沢山ある畑や、マルチなどの資材がある畑は絶好の住処となり、キャベツを植えた瞬間に襲いかかります。
下手をすると、ひと畝植え終わって振り返ったときにすでに喰われていたりします。
(ちなみに上の写真は就農初年のキャベツ。この一畝一条は産地の手法ですが、伊賀では畝が低すぎて根っこに水がついてアウト。さらに土が堅いので畝間を管理機で走っての除草が不可能で、草まみれになってツーアウト。今は大きな畝にマルチを張っての二条植えですが、マルチはコオロギを呼ぶので、まだまだ未完です。。)

そこで、有機農家さんの中には、下のようにデカ苗を植える方がいるんですね。

006.jpg

これ、伊賀での就農前に見学に行かせて頂いた埼玉の農家さんのキャベツ。
「なあんだ、あんなデカイ苗植えて、産地を知らないなあ。」なんて、長野から来たボクは内心思っていたような気がしますが、いまにして思うと、これが無農薬では一番いい方法かもしれない。
最近デカ苗を植えるひとが近所にいて、ハッと気付いた方法ですが、実は4年前のあのときすでに見ていたんだと思いだしました。
あー、人間、見たいものしか視界に入っていないんだなあ、と思いいたる。


②種を蒔きはじめます。

葉物(大阪シロナ・ホウレン草・チンゲン菜・コカブなど)の種蒔きは、9月の間は、最初は7日ごと、最後は5日ごとになります。
これは、播種1回分で1週間収穫する分と考えて、これを途切れなく計画出荷していくための方法です。
最初の頃は、1週間遅れてに播いたものが、ちゃんと1週間遅れて仕上がってくるんですが、だんだん寒くなると生育が遅くなるので、間隔を狭く播いても、仕上がりが1週間ずれてくるんですね。
9月の間は最後は5日置き。
10月になると3日置きになり、最後は2~3週間分を一遍に播きます。

たとえばホウレン草だったら、
9月上旬播き → 10月後半収穫
9月下旬播き → 11月収穫
10月上旬播き → 12・1月収穫
10月下旬播き → 1・2月収穫
てな具合。

緻密な計画ではありますが、台風などの大雨に当たれば、まったく予定どおりできません。
そのための秘密兵器が、太陽熱マルチ(「8月のおしごと」参照)。
これを張っておくと、雨でも安心。
播きたいときに、さっと剥がして、種を蒔くだけの優れ物!!

と言いたいところですが、台風で太陽熱マルチも吹っ飛ばされることが多く、なかなかどうして、人間の思い通りにはいきません。。。


③堆肥を撒きます。

このクソ忙しいときに堆肥撒き??とよく言われます。
堆肥を肥料として使うなら、も少し早目にまいて畑に馴染ますのが常道。
秋に必死でマニュアスプレッダーで堆肥を撒きまくっているのはボクぐらいかもしれません。

マニュアス


これは、我が家が「モミガラ」を多用するため。
伊賀は8月下旬から稲刈りが始まり、9月はモミガラが大量に手に入ります。

「モミガラ」は、安く大量に手に入る炭素率の高い非常に優良な有機物資材。

西出師匠の指導では、有機物はCN比15~20のものを畑に直接投入して、畑中で発酵させて微生物を増やせば、堆肥場や撹拌などという無駄な労力がいらない、とされています。
特に我らのような粘土の畑では、軽くて通気性を高めるモミガラは最適。

これまではモミガラが欲しくても、忙しくてどうしても年末以降に持ち越しになっていたのですが、今年からは心を入れ替えて、9月からせっせと撒きました。
堆肥にモミガラを混ぜて下さるありがたい業者さんや、稲刈りしたモミを直接畑に置いていってくださるありがたい農家さんの助けを借り、ひたすら撒く。撒く。

その成果は。。。まだ分かりませんが、昨冬せっせとモミガラを撒いた畑は、この秋上々の仕上がりとなっています。いまから来年が楽しみです!

ぐぅ。

プロフィール

ぐぅ&トミー

Author:ぐぅ&トミー
38歳♂・31歳♀・7歳犬。
有機農家になりたくて、伊賀に流れ着きました。
生かされている生活から、活きる暮らしを目指して。
多くの人を巻き込みながら。地道に。夢は大きく。
日々の作業や、想いをつづります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード