FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旬の野菜って

「旬の野菜ってなんですか?」

と、よく聞かれます。
そのときボクらは、伊賀の地で露地で種を落として育ったら、それを食べるときが「旬」だ、という言い方をしています。
ハウスで温度をかけたり、病気が出る時期に無理やり農薬撒いて「旬」を伸ばすことはできますが、それは伊賀有機農産が考える旬ではないということです。

ただ、トマトを作るときには、雨よけということでハウスを使っています。
南米アンデス山地が原産のトマトは、乾燥を好み、実をつけるには温度が必要です。
日本の湿っぽい夏に、トマトを持ち込むことがそもそも無理があるような気がしませんか?
トマトにとって、日本のなかに「旬」なんてあるんでしょうか??

HartMountain04.jpg(乾燥高地の写真ですが、アンデスではありません。。イメージです。)

と考えて、日本原産の作物ってどれくらいあるんだろう?と調べてみたら。。

驚きました。

果樹でいうと、カキ、なし、クリ。
野菜に至っては、水菜ぐらい。
あとは山菜の、フキ、わさび、ウド、ぜんまい。。

それだけ。
10種にも満たない。

あとは全部、外から入ってきたものだそうです。
弥生時代に、水稲、ヒエ、アワ、大豆。
奈良時代に、小麦、きび、そば、えんどう、きゅうり、なす、大根、ゴマ、こんにゃく。。
鎌倉時代に、トウモロコシ、かぼちゃ、じゃがいも。
江戸時代に、キャベツ、トマト、ホウレン草、人参、玉葱、さつまいも、みかん、りんご、タケノコ。。。

田畑は日本古来の風景、なんて思ってるけど、短期間でずいぶん様変わりしたようです。
外来か在来か、なんて分け方でなく、その地で長らくやっていけるか、定着できるかどうか、で旬は決まってくるのかなあ。

yasai.jpg


・・・・・。
天気予報を見てたら毎年のように異常気象だの、今年は平年より高いの低いのいっていますが、平均気温なんて所詮数十年のデータだし、四季はめぐるようで、すこしずつ変化しています。
生き物だって、増えたり減ったり、流れながら、変わりゆく。
いつもどおり、おなじように、ということはないみたい。

その中で大切なことは、破滅的な変化にならないように、バランスを保ちつつ移り行くこと、ではないかと思います。
農仕事を考えるときも、田畑は自然なのか人工なのか、なんて定義の話でなく、「その仕事は持続可能なのか」、という尺度で判断したい。
僕は、消費者の健康のために野菜を作っているわけではない。
この野菜、この土地、この方法が、ずっと続いていけるものだと信じるから、作っている。
いまの農業、いまの社会は、これからも続いていけるシステムなのか、搾取的じゃないか、そういう視点で見極めたいと思います。

津波が来たって、地震が来たって、生き物は新たな生態系をつむぎ始めるのだから。
山火事があって初めて育つ種もある。
原生林が自然で、里山林は自然ではないのか、なんて切り分けはどうでもいい。
自然は、時に激しく、でも全体としてはゆるやかに移り行く。
既得権なんてものは、許されない。
そういうことだと思います。
ひとの社会も。

だから、柔軟であれ。
「風」のように。
と思っています。

ぐぅ


PS ちなみに、先の作物一覧は、「虫見板」で有名な百姓・宇根豊さんの「国民のための百姓学」(家の光協会)を参照しました。正月に読んだのですが、言ってることが我らが親方・松井さんとすごく近い。このブログで僕が書いてることも、本からパクッたのではないかと自分で疑うほど、よく似ています。突き詰めていくと、ある同じような視点に収れんしていくのかなあ、と感慨深く読みました。
P1200436.jpg
スポンサーサイト

のらすけプロジェクト・秋の作業がおわりました!

のらすけプロジェクト。
農に興味を持つママさん(ときどきパパさん)たちに、平日の午前中、我がフウノキ農場の作業を手伝いに来てもらっていました。
それにつけていただいた名前が「のらすけ」さん。
愛嬌のあるいい名前をいただきました。

いまは、春と秋の2ヶ月ずつ、気候が心地よく野菜がたくさんある時期、子供が学校に行ってる隙に自由に畑に来ていただきたい、との思いで始めた企画です。
もちろん、夫婦二人では取りきれない草引きや、豆の収穫など、こちらは大助かり。
伊賀有機農産の野菜を食べてくださっている方、子育てサークル「こどもとごはん」(詳しくはこちら→http://profile.livedoor.com/kodomo580/)の皆さんを中心に声かけしていただき、10数人の登録メンバーから日々1~4人ほどの方々が、畑に来てくださっていました。

熟練の農家なら畑を知りつくし、他人に触れてもらっては困るような作業もたくさんあるでしょうが、そこは素人のフウノキ農場、こまかいことは気にしない性質が幸いしてか、どうにか2期1年を乗り切ることができました。
本当にありがとうございました!
たくさんの刺激をいただきました。
夫婦二人では煮詰まる場面も、たくさん救われました。
そしてもしみなさんの心に、少しでもハッとする出来事を残せたなら、もういうことはありません。

のらすけ


思ったより多忙に働いて頂いて、いま思えば写真がほとんどないことに愕然。。。
来春は必ず撮ります。
もしくはこっそり撮っている写真がある方、募集しています!


ここ10年で、農に対する見方は大きく変わったと思います。
僕も、農業をすると宣言して、「はぁ?」という目で見られた10年前と比べると、「農業もいいね」といわれるようになった今では、天と地ほどの差があります。

興味はあるけど、入れない。。。

農業はそんな敷居の高いものではないはず。誰でもやっていい、誰もがやれる、食べることとはそういうことだというのを、今一度思い出してほしくて、今後も続けていこうと思っています。
これを「なりわい」としていく難しさを伝えることも、ときどき添えながら。。

今年一年、ありがとうございました。
そして来年からも、よろしくお願いします。

ぐぅ

にぎやかになりました。

2月に募集した援農ママさんたちが、4月の中頃からお手伝いに来てくださっています。

黙々と出荷作業に追われていた朝の畑に、笑い声がこだますようになりました。

子供たちも走りまわったり、うちのフクに抱きつかれて泣き出したり、草取りを手伝ってくれたり。。
乳飲み子を抱えたままの方や、いまにも生まれそうな大きなお腹をした方まで。
それぞれの想いで、それぞれの感じ方で、畑に関わって頂けること、そしてそれぞれの方と僕らが関われることが、うれしいです。

なにより、3時間かがみっぱなしの草取りや、正午頃の日差しの強さは大変だろうと思うのですが、みなさん元気に目標にむかって(この畝のニンジンは今日中に救出する!とか)がんばってくださっているのが、心強く、またこの仕事を共有できてよかったなあ、と思うのです。

これから夏にむかって、収穫と作付け、そして草取り(と虫取り?)が重なり、体もきつくなっていきます。
きびしいところも、たのしいところも、すこしずつ感じながら、歩んでいけたらと思います。

なべ


ぐぅ

テルさん

ホウレン草は順調に、いや予想以上の速度で大きくなり、収穫が追いつかなくなってきました。
もちろんここら辺のコントロールも百姓の腕なのですが、僕ら素人は体力勝負で、必死に喰らいつくだけです!
昨春は全然できなかったホウレン草、ダメ元で冬の間にたくさん蒔いたら、一気に全部仕上がってしまいました。
春蒔きのホウレン草もスルスルと伸びています。
頑張って採りきらないと。。。

一方、いまはまだ小さい大阪シロナやチンゲン菜といったアブラナ科の葉物たち。
油断してると一気に伸び、トウ立ちしてしまいます。
こちらは昨春の失敗を糧に、適期出荷をと観察の毎日です。


というわけで、忙しい春を迎え、我がフウノキ農場にお手伝いしてくれる仲間ができました。

テルさんです。

ご近所の篤農家さんのところで約1年研修後、独立するにはまだちと自信が…、というお話でしたので、素人農家が生活していく勘所を見てもらうために、半年ほど自分の畑の準備をしながらこちらのお手伝いに来てもらうことにしました。

篤農家さんのところにはなかった猛烈な草。
そろわぬ備品。
歩留まりの悪い畑。
アップダウンの波の激しい出荷。
そして最後は効率でなく体力勝負!

いちばん転びやすい就農したての時期を乗り切るためには、熟練の腕に頼らずに経営していくそれなりのノウハウがあるように思います。
僕らのやっていることはホンの一例ですが、お役に立てればと。。。

また百姓仲間が一人増えることを祈って。

テルさん


ぐぅ

農場名を決めました

「風(フウ)の木」農場、としました。

子供のいない僕らにとって、始めての命名となり、思いのほか悩みました。

風のようにしなやかに。
関わる多くの人の心にざわめきを起こしながら。
木のように揺るぎなく根を張って。

ちょっと贅沢な名前です。


ちなみに実在するフウノキ(楓の木)は、とても地味な木ですよ。

PA220305.jpg


ぐぅ&トミー
プロフィール

ぐぅ&トミー

Author:ぐぅ&トミー
38歳♂・31歳♀・7歳犬。
有機農家になりたくて、伊賀に流れ着きました。
生かされている生活から、活きる暮らしを目指して。
多くの人を巻き込みながら。地道に。夢は大きく。
日々の作業や、想いをつづります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。