FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

辰年

新たな年を迎えましたね。

18歳で高校卒業し、それからさらに18年。
1年1年、変化しながら紡いできたようでも、振り返ればあっという間。ですね。

それでなくても、うっかりすると去年とおなじようなことをしてしまいそうになる農業。
でも、実は同じことの繰り返しではないのが、自然です。
自分勝手な惰性に負けず、変化を感じ、植物や土に仕えていきたいと思います。

昨年は、流れる「とき」を不連続にするような災いがありました。
多くの人がそれぞれのなかで、生きることを見つめなおし、同じ年など来ないことを実感したのではないでしょうか。
ボクらも、新しい年を新しいやり方で紡いでいきたいと思います。

お正月は、脳への刺激を求めて、久々に街の本屋に入り浸ってました。

P1020459.jpg

しばらくは夜が楽しみです。

ぐぅ
スポンサーサイト

ある散歩

こんな日もあります。

さんぽ3

さんぽ4

さんぽ1

さんぽ2

ぐぅ

下書き

ときどき書くたびに、ブログ更新の難しさを語ってもしかたありませんが。。
ありがたくも覗いてくれている方のためにも、発信していかなきゃですね。
そもそもこの記録は、タイトルにもある通り「有機農家を目指す方の、ちょっとした道しるべ」のつもりで始めました。
日々の日記ではないので、ブログという形式が実は間違っているのかも知れませんね。

そんな風に大きく構えて始めたので、あまり軽々しく書くものなあ、と下書きで書きためてしまっている記事が、実は結構あります。ひどいのは、一年前に下書きしたものも。

一年前の今日、下書きした記事のタイトルが、「霜が降って大わらわ」でした。
「朝日が昇る頃に起きだすと、一面真っ白。いよいよ収穫時間が早朝→当日出荷から、夕採り→翌朝出荷に変わります。」という内容で、その後が続かずお蔵入りしていました。
そうか、去年の今頃はもう霜が降っていたのですね。
今年はなんとあったかいことか。
まだ、朝野菜を触る手がかじかむこともほとんどありません。
今日も暖かな雨ですね。
犬は、散歩に行くことを観念して、ぐったり。。。


PB110372.jpg

適度な雨と、暖かな気候で、野菜はぐんぐん大きくなっています。
今週は、2週間分のつもりで作付けた大阪シロナやチンゲン菜が同時に仕上がり、出荷量が倍増して、それこそ「大わらわ」でした。
冬の出荷用にと作付けた野菜も、あっという間に大きくなり、秋のうちに出荷となってしまいそうです。

このままでは冬の野菜がなくなってしまうかも!!

でもこの時期、雨が降るとなかなか畑が乾かず、新たな作付けは難しい。。。
悩ましいところです。

ぐぅ


台風ブログ、ではありません。

前回、ブログを更新したのが台風6号のとき。
で、今日は台風12号が四国・中国地方を縦断中。
伊賀も暴風雨が吹き荒れています。
台風のときしか更新できんのか!?。。いやいや、そんなことはないはずですが。。。


実は、春作でハッスルしすぎて夏野菜に手が回らなかったのに加え、前回の台風にとどめを刺され、8月はすっかり開店休業しておりました。
伊賀有機農産のみなが必死に収穫・出荷しているのをしり目に、短い夏休みを取り、長野と東京へ(ほぼ飲み会)。

夏休み


おおくの旧友たちに会い、野菜ばかり見つめる日々から少し目線をあげて帰ってきました。
世の中にはいろんな農家がいて、職人然と野菜と土をいくら見つめていても飽きないという尊敬すべき人もいますが、我がフウノキ農場はやはり人の環を活力源に回しているのだなあ、と再認識。
このブログも隠れファンの方がいらっしゃると聞き、ちゃんと更新せねばと反省しました。。

さて、収穫がないと毎朝追われることがないので非常に気は楽ですが、もちろんまったく暇なわけではありません。
小旅行から戻って早々、秋作に向けてまずは苗の準備。
また夏は、借りている畑のほとんどに野菜はありません。果菜は小面積でたくさん採れるためで、残りの畑はおもに草管理をしているだけですが、土壌改良を行うチャンスでもあります。
たとえば、大きく育ったソルゴー(緑肥作物:土壌改良のために育てる作物)を刈りこみ、畑に植物繊維を供給します。
畑にビニールシートを広げ、太陽熱で蒸し焼き状態にし、雑草の種を潰したり、微生物を活性化させたり。
百姓暇なしです。

で、いよいよ種まきだ!、と思った矢先のこの大雨。
畑に張ったビニールシートはぶっ飛び、苗は風にゆすられ、まさかビニールハウスは飛ばないだろうなとびくびくしながら過ごしております。

明後日になれば、秋の空気が流れ込んでくるとの予報を信じ、今週末は読書三昧で過ごせそうです。

台風後


ぐぅ

台風6号、と、W杯優勝

ブログを書かず、はや2ヶ月。。いや、3ヶ月?あっという間でした。。
春の、畑がめまぐるしく変わるもっともスリリングな時期に様子を報告できないブログなんて、、と思いますが、この時期はもう作業だけで必死。
特に、効率より勢いで勝負しているフウノキ農場は、駆け抜けた3ヶ月でした。

その間、葉物野菜が溢れかえり、待ちに待ったスナップエンドウが次々と成りはじめ、好天による豊作と震災による野菜消費の落ち込みから主力のレタスとキャベツが売れずに畑に打ち捨てられ、そして、ママさんたちの活躍で草取りの間に合った赤タマネギと青ネギの収穫、そのおかげで休む間もなく夏の主役・キュウリの出荷に突入。。。
6月末には昨年より半月以上も早く梅雨入りし、その後の灼熱。

野菜も体も大変でした。

スナップ

赤玉ねぎ

夏


で、昨日、台風がやってきました。
頭ではわかっていた、でも、初めて体験した自然災害は、農業という仕事の怖さを体に感じさせてくれました。
まずはじめに、一番背高のトウモロコシがなぎ倒されました。
その後、キュウリがアーチごとワッサワッサとゆすられ、誘引ひもが切れて崩れてくる株も。
過去、伊賀では、キュウリがアーチごと倒れたり、ビニールハウスがひしゃげたこともあったと聞いていたので、激しい風の音を聞きながら、心配しつづけるのもつらかったので、グッスリ眠っておりました。。。

擦り傷だらけのキュウリ、売れない野菜の山になってしまいました。

台風2

台風1


ところで、ブログは久々ですが、その間なにも考えていなかったわけではありません。。
いや、ホントは秋の作付け計画をちゃんと立て直したりしなきゃいけないんですが。あー。

で、世間はなでしこジャパンの話題でもちきりですね。
その件で、蓮舫さんに批判が集中しているとか。いわく「仕分けでスポーツ振興費を削っておいて優勝おめでとうなんて言わないで!」。
その話を聞いて、ホントにおどろきました。
いまはどこの世にも余り金がなく、限られたパイをどう分配するか、という時代。スポーツやスパコンが要らない、というのでなく、その金と年金とどっちを払うべきか、という話なんだと思っています。
もし僕らが女子サッカーを応援したければ、別に一度国に税金払って応援してもらわなくても、自分でスタジアムに行って応援すればいいんだ、と思います。
農業を取り巻くTPPでも、同じような話を聞きます。ようは国がどうするか、それによって外国の野菜が安くなるかどうかでなく、消費者が地元の農家の野菜を選んで買ってくれればいいことです。
国というのは、たしかに大きなチカラをもっています。
でもその前に、自分ができることはないか。
自分の選択できることはないか。
それで、きっといろんなことが変えられるんじゃないかと思います。
電気だって、ちょっとした意識の変化でこんなに消費量を減らせるんだから。
自分だけでどうにもできないことはたくさんありますが、ひとのせいにしないことの偉大さを、被災地の人々のなかに見たばかりなんだから。。。。

それにしても、なでしこたちは凄かった。
「志」、というものの重さを再確認しました。
暑い夏も、がんばりますよ!

ぐぅ


プロフィール

ぐぅ&トミー

Author:ぐぅ&トミー
38歳♂・31歳♀・7歳犬。
有機農家になりたくて、伊賀に流れ着きました。
生かされている生活から、活きる暮らしを目指して。
多くの人を巻き込みながら。地道に。夢は大きく。
日々の作業や、想いをつづります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。