FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

変えられるか、変えられないか

近頃、ふと思うこと。

伊賀有機農産という集団は、出荷団体でも、イベント団体でもなく、「運動」体だと思っています。

「運動」ということは、自分たちだけでなく、周りのひとや社会にもこういう風になったらいいのに、と呼びかけることです。
まあ大抵のひとは他人にああせいこうせいと言われるのは面白くないので、運動とか言われると、ちょっと引いちゃいますよね?

僕たちは僕たちの主張を唱えながら、自分たちの暮らしの中で実践することを心掛けています。
そして中には、口先ばかりでまだまだ全然できていないこともあるし、逆に自分たちでできるんだからみんなもできるかもよ!?と語りかけられることもあります。
そうやってそれぞれのペースで、それでも着実に前を向いて進んでいく。
それが僕等の「運動」だと思っています。

でも、社会運動と政治運動は紙一重なところがあるので。
たとえば記憶に新しいところでは、震災後もちあがった「震災ガレキの伊賀での受け入れ」については、作り手と受け手入り乱れて様々な議論が飛び交いました。
受け入れの是非に始まり、阻止派の中でもどのように阻止していくのか、、、なかなか意見はまとまりません。
遠くの目標は共有しているはずなのに、手段・戦略のところで別れてしまう。
そして、それが何故だか近親憎悪のようになり、ホントの敵以上に、近いはずなのにちょっと違うだけの味方をより憎んでバラバラになってしまう。
戦後の学生運動の時代は、日本赤軍に象徴される「内ゲバ」(同じグループの内側で分裂、血みどろの殺し合いに発展したこと)という近親憎悪により、運動の機運が萎んでいったと思いますが、宗教にしても政党にしても、同じ「ような」志しを持った人たちが、どんどん分派して自ら力を失っていってしまう。
多くをつかもうとすれば主張はボンヤリし、鋭く突っ込もうとすれば少数になってしまう。
運動とは、そういう側面もあります。


目標があって、そこに行く為にいくつもの道がある。
そのとき、現状を見て、理想までに越えねばならない壁を見上げ、一番効率のよさそうなやり方を選ぶのが普通ですよね。
その現状解釈が違うから、意見が割れるんだと思うのです。
ここまでは変わらない=前提とすべきことと、
ここからは変えられるんじゃないか=取り組むべきポイント、

の見極め方で、意見が割れる。

もしかしたらこの解釈の仕方は、
性善説寄りなのか、性悪説寄りなのか、で別れるんじゃないか、と最近よく思うんです。
もっと言えば、
ひとは変わるとどこまで期待しているか、に寄るのかなあ、と。

asa.jpg


たとえば、すごく単純化して言いますが、
国はどこまで自衛する力を持つべきか、で論争がありますね?
武器を持たなければ相手も撃ってこない、と性善説的に信じるひとと、いやあいつらは何してくるか分からない、と性悪説的に唱えるひとと。
経済発展にしても、ひたすら成長を求めなくてもやっていけると思うひとと、出し抜かれることを恐れて立ち止まることを拒むひとと。
原発も、エネルギーを使わない暮らしを求めればいいじゃないかというひとから、エネルギーを使うのは仕方ないから温暖化を防ぐには原発やむなしというひと、エネルギーを大量に発生させられる原発を手放したら世界に置いていかれると思うひとまで。

いずれも、周りとの関係のなかでの選択だから、「周りがどう動くか」の予測で意見が割れる。
もっと言えば、どこまで他人に「してやられる」ことを受け入れられるか、によると思うのです。
そして、
自分の動きでどこまで他人を変えることが可能と思うか、によるのだと。

もちろん実際にはあらゆる可能性を想定し、リスクを分析し、統計的に効果を検証し、いろんな手段を持ちながら一つ一つ選択していくわけですが。

…。
どの戦略の選択が正しいか正しくないかは、結果論かなと思うのです。
未来予測は、つまりひとに対する期待値はひとそれぞれだから。
これが正しい、ということはないのだと。

だから、コツコツ、地道に、現場で、実践を積み重ねる。
それが僕らのできる「運動」かなあ、と思っています。

くどいわりには、前回のブログとあんまり内容変わらないですね。

ぐぅ
スポンサーサイト

ピークです!

疲れのピークに達しました!!

5月から葉物の大量出荷、6月入りかけには、今年大増産した玉ねぎ収穫、つづいてキャベツ・ニンジンと重量野菜の収穫。
合間を縫って、夏野菜の植え付け、管理。。
キュウリがニョキニョキと伸び、日ごとに実の成りが増えています。

そういえば初年度はこの時期に夏風邪で倒れたっけ。。。

でも、2日前にニンジン500キロ、本日玉ねぎ2トン出荷終了し、肩の荷が下りましたよー。

そして。
いつものこの時期の台風。
接近中です。
史上最大規模とか言っていますね。
もう、なぎ倒されたら、すべておっぽり投げて夏休みにいきます!!!

ぐぅ

自給自足

「自給自足」、ということを求めて、この世界にやってくるひとは結構います。

自分の在り方に不安を感じるからか、環境負荷的な問題意識からか、はたまた社会に背を向けてか。。
理由はひとそれぞれのようです。

かくいう僕も、自給自足を志した者のひとり。
いまの暮らしぶりを知る人は、「??」と思うでしょうけどね。
でも実は、いまでも自給自足で暮らせる「技」を身につけていくことは、意識しています。
ただ、それを目指す理由が、山にこもって生きていきたいから、ではありません。


ひとりで生きる技が身につくと、恐れが減ります。
何があっても何とかなるという自信がつく、と言いましょうか。
お金とか、電気とか、スマホとか、職場とか、ありとあらゆるモノがないと生きられないと思った瞬間から、それを失うことが怖くなる。
財産を守ったり、保険に入ったり、あげくは他人の足を引っ張ってみたり。。
ありとあらゆる「守り」のために膨大なエネルギーを費やしてしまうのは、なんだかとても残念に感じます。
まだ「既得権」にしがみつくには、若すぎると思うのですが。。
もちろん、何かを守るために、あるはずのないチカラを発揮することもあるでしょうから、執着することがダメだとかいう説教めいた話をするつもりはありません。
ただ、自給自足できるんだ、と思えることは、精神衛生上とってもイイ。


それから、ひとりでいろんなことをやってみると、それがいかに大変かということに気づく。
いや、まずは、意外とできるじゃん、ということに気づく。
そして次に、きっちりこなすのは、結構大変で、それを自分でやり続けるのはいかに効率が悪いかに、気づく。
そうしてはじめて、他人のありがたみが分かるんだと思います。
他人の仕事に感謝できる。
お金で買う以上の、その背景にあるストーリーを感じられる。
それって、社会で生きることを、とっても容易にしてくれます。


自給自足で、みなが閉じこもって暮らすべきだとは思いません。
急進的な環境活動家にはそこを理想とする方もいますが、僕は難しいと思う。

でも、「自給自足」、誰もが一度は通ってみるべき道ではないか、と思うのです。
生きることが、ずいぶん楽になる。
それだけで十分価値があるんじゃないかな。

ぐぅ

ブログってのは

ブログってのは、もっと”軽やか”なもんだ、とこれを読んでくれてる友人が言ってくれました。
ああ、たしかに。
日々のこころの動きが伝わるのがブログなんだろな、普通。
いや、日々の些細なことを伝えるなら、もっと便利なツールがあるし。。


とまあ、他愛のない内容で再開してみました。

一旦止めると、動きだすのに構えてしまってついつい長文になってしまうので。
ここはひとまず書いてみる。

ここ最近沈黙していた間に考えていたことについては、近く更新予定!?。

まず今年は、昨年更新しそびれた「おしごと」シリーズの5・6・7月と、11・12月の記録が目標!
こうして振り返ると、年の半分ちょっとしか書いてなかったのか。。。
しかし、いつが農繁期なのか、分かりやすいなー。

ぐぅ

新たな年に

あけまして おめでとうございます。

いや、記事が追いつかぬまま「明けてしまいまして」というべきか。。

伊賀で5度目の春がくる。
なんとなくいつも通りやっていれば、それなりにそれなりの出来映えになることが分かってきた今こそ、勇気を持って変化を求めていきたいと思っています。
農を志していた頃に思い描いていた農法や暮らしぶりと、現実は、全然ちがっていて。
むしろこのように多くの方と関わりながらの今の在り方は、思い描いていた以上ですが、それでももっと貪欲に。
そう年初に書かせてください。

が、例年どおり、年初は会計を初めとする事務作業が夜な夜な目白押し。
ボンヤリした頭のまま畑に出ても、日が短く、動植物の動きが鈍く、なんとなく気の抜けた年明けの雰囲気に流されて、攻めきれぬまま、はや一週間。

まずいまずい。。

ぐぅ
プロフィール

ぐぅ&トミー

Author:ぐぅ&トミー
38歳♂・31歳♀・7歳犬。
有機農家になりたくて、伊賀に流れ着きました。
生かされている生活から、活きる暮らしを目指して。
多くの人を巻き込みながら。地道に。夢は大きく。
日々の作業や、想いをつづります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。